読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meher

人生、いつだってミーハーじゃなきゃ。

見えないからこそ、いいこともある

おはようございます!

最近書いてると少しずつ反響があって、何かやっててよかったなあーって思います。

アドバタ会議にもブログを登録してみました。(これは、自分のブログを登録してその中から流したい記事を選んで投稿ボタンをポチッとするだけなんですけど、知名度は多少ながら上がるのかなーと思い、今実験中です。)

 

 

恋もエロも秘め事だからいい - 話半分で聞いてください

 

これすごいきた。ああ、これは確かに、って。

自分は今まで見えなかったものが見えるようになる「見える化」推進派だったけど、全てにおいてそうではないなーと思いました。見えないからこそ、いいことも確かにあると思いました。

 

人と人の”良い関係性”って、見えなくてもつながっているのが「理想の形」なはずのに、どうにかして見える形にしようとするあまり、「仲が良いということを見せること」に固執してしまってるように思えます。もともとが仲が良いから写真を載せていたのが、いつの間にか、写真を載せて仲良いようにしないと、仲が良いとは言えないんじゃないか(仲がいいことを見せるために写真を載せる)という一種の逆転現象が起きているような気もします。つまり手段が目的になってしまってるんじゃないかなーと。

 

▲「見えるようになったからこそ見せなければわかってもらえないんだ…!」

SNSがどんどん身近なツールになって、多くの人が日常の様子をアップするようになってから、こういうことをよく感じるようになりました。

 

仲が良いっていうことを何か形にしておきたいあまり、繋がっているということを知ってほしいと思い、それらしいことをまどろっこしくツイートしたり、自分のことについて書いてくれているかなーとTwitterなどを逐一確認する。だからTwitterFacebookなどに写真をあげたり、どこかに行った時には必ず写真を撮ってアップする。一緒に遊んだ友だちの写真や、誰かといることを匂わせる写真を…。(マグカップは2つあるけど向こう側にいる人は見えない、みたいな笑)

 

 表面上のつながりはプチンと切れやすいので、紡いでも紡いでも、足りないような気がしてしまう。しかも、仲の良さが目に見えて分かりやすいから、麻薬みたいにやめられない。例えば、ステータスをもとに戻せば2人の関係はおしまいだし、写真をアップしなければ仲良しができなくなってしまったりする。だからやめられないで、エスカレートしてしまう。人を想うってことは、そういうことじゃないんじゃないか?”

書いてあるとおりだと思うし、即時情報の依存性(今さっき考えただけであれなんですけど、”すぐ”やり取りができるようになったためにリアルタイムに乗り遅れることに恐怖を感じ、乗り遅れないよう必死に縋りついていること、みたいな感じを想定しています)に飲み込まれているようで少し怖いです。

 

仲が良いと思ってるならわざわざ見せなくてもいいのに、っていうのが自分の意見です。必要以上に気を配る必要もないし、そうしなければならない関係なら多分仲は良くないのではないかと思います。仲の良さって、多分わざわざ見せるものなんじゃなくて、「見えてくるもの」なんだと思っているので、FacebookやLINEでの執拗なやりとりは見ていて、息苦しい。

「わかってるよ、もういいから。」ってなってしまう。

見せつけるもんじゃない。それは見ているこっちが勝手に解釈するし、自分たちの中で仲がいいならそれでいいんじゃないかなーと思う。当の本人から「わたしとあなたは仲がいいんだぞー」って写真とかやり取りを見せられても、「ただ自慢したいのかな?」としか思わないなー。

 

行った所見せたいし、一緒に行った人と写真撮ったら載せたいけど、必要以上に載せるのはどうかなーと思うわけです。結局なんだかんだ大事なのはオフラインだと思います。

 

 

話がずれました。エントリーに戻ると、別にエロエロ言っててもいいとは思うし、周りもそういう人がいるから別にえっ…っていうひどでもないんだけど、何か「こんな下ネタを言えるおれすごい」とか「平気で女の子に言っちゃうぜー」みたいな、自分すごいぞアピール(?)みたいな、裏に隠れた自己顕示欲がチラチラ見え隠れしているような気がして少し痛々しく感じます。そして、そう見える人に限ってわざとそこの部分だけ声が大きいような気もする。気を引きたいんだなー、でもそれで引けると思ってるのかなーとちょっと見ていて違和感がします。

エントリーのように、秘め事だから引き立つ…ふむふむと思いました。

 

 

▲”見えないからこそ、見せないからこそ”面白いこともある。

見えないからこそ、もどかしくなったり悩んだりするし、それがいつの間にか成長になってたりするのかなーなんて勝手に思っています。問題とかも答えを全部見せたら面白くないし、自分で考えるからこそ面白いんだろうし。

あまりにも「見えるから見せる」ということに固執してしまうと、いつか大事なものをポッカリなくしてしまいそうで、気を付けなければいけないなーと感じます。

 

見えないからこそ、いいこともある。逆に見えないことが「乙」なんだということもあるということを肝に銘じておかなければいけないなーと思います。

隠れた思いはことばにして出したほうがいいとは思うけど、必要以上に限度を超えると気持ち悪いなーと思う今日この頃です。

 

 

最近は、文末の締め方が難しいと感じます。