読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meher

人生、いつだってミーハーじゃなきゃ。

相変わらず、こうやって書き晒している

200日連続更新も超え、経ってから早くも1ヶ月が経とうかとしています。(正確には224日)

このブログにしてからも50日を超えました。

 

何でこんなに「書くこと」がすきなのか、ちょっとここらへんで振り返りたいと思います。現在時点で平均1500文字くらいだとしても合計すると…

33万6000文字】!!気持ち悪い!!

 

でも、なんかすごいなーなんて。ただ毎日書きたいことを書いているだけだけど、積もりに積もると、いつの間にか大きい数になっている…。

 

それに、いつしか見てくれる人が増えてとっても嬉しいです。最初の頃はまったく見てくれなかったこのブログもちょこちょこ増えてくれて、やっと読者を意識し始めたというか、なんか自己完結しないようになりました。

なんか考えるきっかけになってほしいなーとか、あれこれ考えるのも楽しい。毎日何かしら考えてるから、それをアウトプットとして出す機会がある、というのもなかなかいいものです。140字に収めてたら、吐き出したいものも出せないでしょ。

 

最近は、手書きで書くことが増えました。前までは、PCで書いていてクラウドに保存…とかしていたんですけど、どんどんローカルになっているような気がします。

f:id:umaretatee:20130215231309j:plain

と、言うのも

①「フリクションボールペン」が大好きすぎて、
②それで書くと字がうまく書けるような気がする、っていう単純な理由と…

③手書きのほうが「なんか理解出来る部分が多い」っていうのが大きいから。

(自分の字を褒められると、すごい嬉しいっていうのもある。笑)

 

 そう言えば、前から何かをまとめるだとか書くことはすごい好きで、高校生の時、テスト前とかちっこい無印のノートにちっちゃい字でまとめてた。たぶんあれは「まとめる」ことが目的だったから別にあれが使えるかどうとかじゃなかったような気がするけど、あれはとても楽しかったのを覚えてる。

 

 ーーーーー

書くことのメリットとして、やっぱり挙げたいのが『(自分の)考えを見える化できる』ってこと。前までは「すごい、すごい!」で終わってたのが、最近は何がすごいかを説明できるようになった(と思ってる)。どこがすごいかがやっぱり知りたいところだと思うし、そこを言語化して見えるようにして吐き出せるっていうのは、強みになるのかなーって思う。

 

あ、あとは『 頭の中の整理ができて、それを残しておける』こと、いわゆる何かにストックしておけるということも大きいかも。言ってるだけだと、何言ったのか残せないまま。でも、できるだけ何かに残しておきたいって思うし(さっきの考えを見える化する、とおんなじようなことだけど)、言われたままのグルグルの状態じゃ理解できないからそれを自分なりにアレンジして理解する、っていうのも書くことのメリットだと思う。

 

ここからは書くことというか、何で「ブログ」に書き晒しているのかということについて。

それは、『見てくれる相手を意識できる』っていうのがメリットがあるから。そりゃあ、最初は誰も見てくれないんだけど、1人でもチラッと覗き見てくれる人がいると思うと(仮にも開かれたパブリックなものとしてブログはあるわけで)、ちょっと書くことに責任を持とうと思うし、見る人を意識するいい機会にもなる。

良い意味でも悪い意味でも。「書いて出す」ってことは、「コイツはこんな考えをしているのか」っていうのが否が応にもわかってしまうということ。だから、アホだな〜とか、おっ、すごいな!って思われるかどうかは見てくれる人次第だけど、できるだけわかってもらえるようなものを書きたいって思うから、最近は相手目線を意識して書くように心がけてます。

 

さっきも書いたけど、アホだな〜とか、おっ、すごいな!って思われるかどうかは見てくれる人次第。それにも負けず(ネガティブな意見は怖いけどさ)出し続ける度胸はついたといってもいいのかもしれないなー。

 

やっぱり、『自分を知ってほしい』っていう根底な欲求があるから。このブログは明確なテーマ設定がない分、「何をしている人」というのがイマイチ伝わりづらいものの、自分はこういう考えをしているんだよーっていうテーマに縛られることなく自由に書けるっていうのがいい。バックグラウンドとしての自分を会わなくても知ってもらえるというのは、とっても楽です。言葉に出すだけじゃ半径2mの人にしか伝わらないけど、書き晒すことによってもーーっと広いところにまで届くかもしれない。そういうのにワクワクする人にはうってつけかなと。ポートフォリオブログとして位置づけています今は。

 

書くことで得たものは大きいし、たぶんこれからも続けると思います。それだけ自分にとってブログという媒体の占める比重は思いの外大きい。

 

>P.S. つい昨日考えたブログタイトルの「▼△」には、2つ意味を込めていて、

①「▼(下がっても)△(上がる)」っていう”ミスっても切り替えてすぐに這い上がれる”
②「三角形が2つ合わさると、四角形ができる」ことから、”組み合わせることによって新たなものを作り出すことができる”っていうコラージュ的な要素

を、つけあわせたものとして考えています。